2018年03月31日

舞台リハーサル

3月28日(水)、流山市文化会館でスプリングコンサートのリハーサルがありました。 

ダンスボックスコンサートは第4回までこちらで行いました。
14年ぶり…

舞台袖に立つと当時の緊張が甦って来ますにこにこきらきら


3月1日に足の手術をしてから初めて生徒達に会いました。
1ヶ月弱会っていないだけで嬉しさが込み上げて…

そして生徒達も
「先生〜八分音符」と喜んでくれたり足を心配してくれたり抱きついたりしてくれました(*^^*)きらきらきらきら

各クラス、まずはエンディングの組み立てをしました。

キッズクラスが、状況が分からないようでしたが、無理もありません。
自分達の作品だけをずっと練習してきて、新しい場面を説明されても分かりませんね。

「こっちから出てきて、ここからここまで踊って、そしたらこっちに履ける」

など…一応エンディングだと伝えましたが最初は呆然と立ち尽くしていました。

他のクラス…たとえばファーストは初舞台の子が多いのですが、流れを伝え、少し練習すると理解して踊りました。

セカンド、ミドル、Dayクラスも問題なくすんなりと…

こういう所はダンスボックスの誇れる部分だと思います。

普段から

"伝えた事を聞き逃さない!自分で理解し、動く"

と伝えているので、多少個人差はあっても飲み込みが早かったですにこにこ

ちなみに、キッズクラスも最後は踊れるようになりました顔1(うれしいカオ)きらきら


各作品は3月中代講の先生にお願いしていました。
久しぶりに作品を見ましたがどれもとても良くなっていました。
代講の先生が本当に良く見てくれていたのだと改めて感謝てれてれきらきら
代講してくれた里美さん、毬乃さん、恭子さんありがとう太陽
みんな"さん"付けするのも照れる位私にとっては近い存在です。幼少の時から教室に通い、約18年…今は外部でも指導の仕事をする程になり、人として、また技術面も心から信頼していますきらきらてれてれきらきら


さて通しリハーサル。

作品ごとに進めて行きました。

今回は、初舞台の子達が特に表情が固いあせあせ(飛び散る汗)
そこは心配ですが、みんな一生懸命踊ってくれました。

土曜セカンドの1曲目は昨年の市民祭りの前に振り付けしましたが、その時のニュアンスがだいぶなくなっていたので、細かく練習しました。


Dayクラスの皆さんは今回「シカゴ」というミュージカル作品(映画もあります)の曲で振り付けをしました。
練習を重ね、作品の世界観に近付いて来たと思います。


今回82名が出演します。
この日のリハーサルを見て、みんな全力で頑張っていたのできっとお客様にも届くだろうと思いました。
本番は楽しんで踊ってくれたら良いなと思います(^-^)きらきら
posted by Dance Box at 22:54| ブログ