2018年07月14日

何かを思って踊る姿

7月12日(木)レッスン。

木曜セカンドクラス、10人出席でした。 

エクササイズ、ストレッチ、筋トレ、体幹トレーニング、みんな一生懸命取り組んでいました。

クロスフロアは、バットマンから。

そしてビルエットの基本練習をしました。

その後、グランジュッテ、グランパディシャを練習。
膝が曲がっている、爪先がきたない、滞空時間を長くするなど伝え、かなり練習しました。

コンビネーションは、先週の振りを確認し、続きを振り付けしました。

それぞれが何かを胸に踊る姿、とても良かったです顔1(うれしいカオ)太陽
posted by Dance Box at 13:07| ブログ

後ろに足を上げる時の注意

木曜ファーストクラス、10人出席でした。


エクササイズ、膝の緩みを注意、それとカウントの取り方を確認しました。

ストレッチ、筋トレを行いました。

クロスフロアはまずバットマン。
前に上げるポジションをシビアに確認して練習しました。

後ろに上げるとき、タンデュの持って行き方、足をターンアウトする事の大切さを伝えました。

シェネは回っている人に首の付け方を教えました。

コンビネーションは、先週の振りを確認し、続きを振り付けしました。

みんな元気があってとても良かったです顔1(うれしいカオ)太陽
posted by Dance Box at 13:04| ブログ

会話のキャッチボール

ひまわり幼稚園クラス、5人出席でした。

エクササイズは、腕の回し方を間違っている人がいたので直しました。

ストレッチは、みんな集中して取り組んでいました。

クロスフロア。

まず振り付けをしました。

すると…

「難しい!出来ない」

と1人が口にしました。

続いてもう1人が

「出来ない」

と言いました。

レベル的には中位です。


そこで

「じゃあ直ぐ出来るこう言う振りでも良い?」

と簡単な振りを見せました。

みんな首を横に振りました。

「動く前から"出来ない"は言わない。まずは練習してみよう。みんなはダンスを勉強する為に来ているんだ。少し難しい振りを練習する事がとても大事なの」

みんな理解したようで、表情に気合いが入りました。

そして、みんなが覚えるまで練習を続けました。

最終的には全員とても良く踊れるようになりました。


子供たちは皆性格が違います。
何か課題を出すと、一種の"癖"のように「出来ない」や「難しい」を口に出す子と、また逆に「出来る」「簡単」と口に出す子。
ただ、言った言葉が行動とイコールではなかったりもします。
「出来ない」と口に出した子が一番先に出来るようになったり、「出来る」と言っていた子が最後まで出来なかったり….
ですから1人1人の性格に合わせて会話のキャッチボールをしています。

ひまわり幼稚園クラス、1学期はこの日が最後でした。
夏休みは是非スタジオの方に踊りに来てくださいにこにこ
posted by Dance Box at 12:59| ブログ

音と音の隙間を

7月12日(木)レッスン。

木曜デイクラス、6人出席でした。

まずはストレッチ、筋トレ、体幹トレーニングを行いました。

その後バーレッスン。
皆さん一生懸命取り組んでいました。

コンビネーションは、先週の振りを確認し、続きを振り付けしました。
バラードなので 音と音の隙間をいかに埋めるかという事もポイントです。

先週注意したロールアップする場面はとても良くなっていました。
posted by Dance Box at 12:38| ブログ